こよみのよぶね2015年 特設サイト

       

▽とうほくのこよみのよぶねについて▽

とうほくこよみのよぶね
とうほくこよみのよぶねワークショップ

とうほくこよみのよぶねチラシ とうほくこよみのよぶねチラシ

「千年に一度の出来事なら、世界中の人がこれから千年お手本とするような行動をしよう」

2011年3月、東日本大震災がおき、日比野さんがそう言った。

 

岐阜県の清流長良川で毎年12月の冬至の日に行われる「こよみのよぶね」

その景色は美しい。

 

川は流れ、時は流れる

 

2005年の第1回のこよみのよぶねの作成から関わらせてもらい、

第2回からは職人チームを編成し屋形船への行灯の取付けに携わらせてもらってきた。

 

2011年、津波が襲った街に庭師のチームを引き連れヘドロや瓦礫を掻き出しに行っていた。

夜テントの中で休んでいるとき

「今年のリーダーは親方がやってくれないか」と日比野さんから電話をもらった。

正直この年にこよみのよぶねを開催するイメージが出来なかったが

「はい」と引き受けた。

 

瓦礫やヘドロを掻き出していくと元の地面が見え

「何が植えれますか」と被災者の人たちに聞かれた。

その水をたたえたような瞳は一つの方向を見つめている気がした。

そんな被災者の人たちから

「あの日から怖くて水辺に近づくことが出来ない」と聞いた。

 

こよみのよぶねは美しい

その水にうつる景色は美しい

 

自分はこよみのよぶねのリーダーだ、

こよみのよぶねを津波がさかのぼったあの川に運ぶ決心をした。

 

家族や家を失った被災者の人たちの手、船を流された漁師の人たちの手、

社会福祉協議会の人たちの手、新聞社の人たちの手、

東京こよみのよぶねのスタッフの人たちの手、ボランティアの人たちの手。

 

様々な人たちの手が集まり、こよみのよぶねが東北のあの水辺に浮かんだ。

人々は水辺に集まり

「もっと、もっと」と灯りが映える川面を海に向かって進んだ。

 

とうほくのこよみのよぶねは

「鎮魂のあかり」「慰霊の灯」と呼ばれた。

 

「水のそごがらもおんなじ景色みえでっぺがや」

手を合わせた老人がつぶやいた。

 

岐阜でのこよみのよぶねは携わるみんなの力で金華山の麓、長良川で美しい姿を見せてくれます。

東北でのこよみのよぶねは「こよみのよぶね」自身が持つ本質的な意味を、海や川で見せてくれます。

 

「千年つづくお祭りにするんだ」

こよみのよぶねを生んだ日比野克彦氏のその言葉が東北のあの地で心の中に落ち着きました

古川 乾提

【お問合せ先】

こよみのよぶね実行委員会 代表/日比野克彦事務所 HIBINO SPECIAL(日々の明々後日)
メールアドレス:cafe@hibino.to
FAX:03-5826-4463


【監修】

日比野克彦


【主催】

特定非営利活動法人 いわて連携復興センター
東京都
アーツカウンシル東京(公益財団法人 東京都歴史文化財団)


【協力】

特定非営利活動法人 @リアスNPOサポートセンター
こよみのよぶね実行委員会
宝来館
三陸ひとつなぎ自然学校
釜石まちづくり株式会社
一般社団法人チームスマイル

▼終了したイベント▼

当日のスケジュール

当日スケジュール

▽こよみのよぶね スケジュール▽
時間帯 イベント 場所
16:00-17:30 冬至迎え 鵜飼観覧船のりば
17:30 出航 鵜飼観覧船のりば
18:00 顔見せ 長良橋 プロムナード
18:30 お山下楽屋 お山下
19:00-20:00 時の流れ プロムナード(こよみっけ渡し)
20:00 お見送り -
20:30-21:00 楽日初日 鵜飼観覧船のりば

こよみのよぶね本番当日の観覧に関して

冬至の日の長良川岸付近はとっても寒いので暖かい格好で来てください!
手袋、マフラー、ダウンジャケット着てもまだ寒いです。
当日のご来場は公共の交通機関をご利用ください。お車でお越しの際は、うかいミュージアム他、周辺の有
料駐車場をご利用ください(無料の駐車場はご用意しておりません)。
こよみの見どころは、すぎ山旅館前です。こよみっけ渡しの儀式や日比野さんによる行灯の解説を聞いたりしながら、みんなで1年を振り返りましょう。
うかいミュージアム交流体験広場で暖かい食べ物などの飲食ブースがあります。ぜひお立ち寄り下さい。今年はどんな物が出るか楽しみです。
null

ワークショップスケジュール

※各ワークショップについてはFacebookをご覧下さい。facebookアイコン

チーム・団体名 チームの紹介

1月舟

LABORATORY×岐阜県立恵那特別支援学校

中津川で築200年の庄屋をギャラリーに改築し、地元の作家や職人さんのショップを展開してるLABORATORY(ラボラトリィ)と、岐阜県立恵那特別支援学校の生徒さんとのコラボレーション。

2月舟

学生団体IFU

岐阜わかもの会議」の開催や、さまざまなイベントへの参画など、岐阜をこよなく愛する学生団体。

3月舟

やながせ倉庫

岐阜市柳ヶ瀬にある昭和30年代に建てられた迷路のような古ビル内で、それぞれ自由なスタイルのショップなどが活動を展開。

4月舟

岐阜県立森林文化アカデミー

林業、木造建築、木工、環境教育、山村づくりなど、森林や木材に関わる分野を学ぶ2年制の専修学校。

5月舟

夜空カフェ

毎月第一金曜日に柳ヶ瀬の特設会場で繰り広げられる、地元の食とクリエイターとパフォーマンスの祭典が「夜空カフェ」。

6月舟

長良会

ざっくりといえば長良川以北に住む人たちが、町を楽しくするアレコレをゆる~く仕掛ける団体。

7月舟

長良川もてなし隊

ぎふ清流国体・ぎふ清流大会をきっかけに発足した、さまざまな地域活動に取り組む地元住民グループ。

8月舟

岐阜美少女図鑑

「岐阜に美少女を増やそう」との宣言で無料の写真集を発行し、岐阜の女子が輝けるステージを創出。

9月舟

チームおじま

岐阜の揖斐川町小島地区のメンバーが中心になって、地元のみならず九州の被災地支援等の活動を展開。

10月舟

ぎふハロウィン

岐阜市殿町のハロウィンイベントをはじめ、次世代を担う子どもや学生たちが楽しめる地域交流を展開。

11月舟

チャンネル CCN

岐阜の地域密着コミュニティチャンネルを展開するCATV局。今年は全世界へ向けて よぶね生中継も!?

12月舟

長良東小学校

3年生の生徒たちが、10月からの図工の授業時間を活用して、学年みんなで作り上げていきます。

干支 申

チーム美濃和紙

こよみのよぶねになくてはならない和紙。美濃の和紙職人 千田 崇統さんを中心にしたチームで申を制作!

後援・協賛

こよみのよぶねの活動を応援してくださりありがとうございます。 ※11月13日現在 順不同 敬称略 

後援 協賛
岐阜県 岐阜長良川温泉旅館協同組合
(鵜匠の家 すぎ山、ホテルパーク、石金、きんか、
岐阜グランドホテル、十八楼、岐阜都ホテル)
岐阜市 小島紀夫事務所
朝日新聞社 株式会社ムラヤマ
岐阜新聞・岐阜放送 家田紙工株式会社
(株)時事通信社 榎本ビーエー株式会社
中京テレビ放送(株)  
中日新聞社  
メ~テレ  
読売新聞社  

チラシダウンロード

フォトギャラリー

▲トップへ戻る