最近投稿されたコメント一覧
null


こよみつくります。
null
カテゴリー: 告知事項
朝夕はすこし寒いくらいになってきました。
季節の変わり目を感じる時期ですね。

今年のこよみのよぶねもいろんなことが、
時間とともに変化しながら動き続けています。



まずは、ひとつ。
お知らせです。


こよみつくります。

null

9月19日(日)、20日(月・祝)に
「つくる。」にて、こよみの行灯制作をはじめます。

まだまだ、段取りについては、手探り状態ですが、
ぜひ、みんなで手探りしながら、はじめましょう(笑)。





9月19日(日)、20日(月・祝)

時間:10時〜17時

場所:つくる。
   愛知県一宮市木曽川町黒田字宝光寺5番地2
   TEL 0586-82-6582 FAX 0586-82-6583

駐車場:ローソン北の空き地(名鉄運輸さん跡地)におとめください。


それと、いま、つくる。では、
つくる。的写真展 Vol.2(繊維産業編)の展示が行われています。
4歳から70代まで、32名のメンバーが4ヶ月にわたって、
撮影を行い、つくりあげた写真展です。ぜひ、ご覧ください。

つくる。的写真展blog

また、19日(日)には、
木曽川町のお祭り「一豊まつり」が行われ、
つくる。にも多くの人が訪れます。

ぜひ、この機会に、つくる。へ足をお運びください。




あと、いままで募集していた、
数字のデザイン募集を一度、締め切りたいと思います。
ご応募いただいた方、ありがとうございました!





数字のデザインを募集します!
null
カテゴリー: 告知事項


こちらは、2009年、
昨年の数字デザイン画たちです。

この、1〜12の数字は、
こよみの1月〜12月までを表しています。

null

1と6のデザイン画はありませんが、
1は、さぶりさん、
6は、かのうさんデザインです。

こうして見ると、それぞれの数字を、
デザインしたひとの顔が思い浮かびます。



昨年は毎月、みなさんから、
数字のデザインを募集して、
ひびのさんに選んでもらいました。


いろんなカタチ、にぎやかな色。
個性的な月の数字がそろいました。



2010年もいよいよ、
行灯の制作が始まります。

そこで、今年もみなさまから、
数字のデザインを募集したいと思います。



まずは、3つの数字、
7、8、9のデザインを募集します!


応募の方法は…
(たとえば、9の場合)

→ 9月のことを思います。

→ 9のカタチを考え、色をつけます。(カタチだけでも大丈夫です)

→ 写真を撮り、携帯の写真メール、または、PCメールで写真データを、
   koyominoyobune@yahoo.co.jp まで送ってください。

→ メールの本文には、9月への思いと、お名前を添えてください。

→ ひびのさんに選んでもらい、9の行灯デザインが決定します。


※3つの数字デザインを同時に、応募していただいてもOKです。
※応募していただいたもの、そして、選ばれたデザインは、
 このブログで紹介したいと思います。





気がつけば、やって来て、
あっという間に過ぎていく、月日。

ふと、
立ち止まって、紙に向かい、
過ぎた月を振り返ったり、
来る月に思いを馳せてみると、
「いま」のことも、
すこし違ってみえてきます。

僕は、
描きながらそんなふうに思いました。



やっぱり、

いざ描こうとすると、なかなか難しく、
ボーっと考えるばかりで、
あまり、ペンがすすみませんでしたが。

ゆっくりと考えることができて、
それはそれでいいのかもしれません。



子供たちは、
夏休みの宿題の追い込みで、
それどころじゃないかな。笑



まずは、3つ、7、8、9。

たっぷりと雨が降った、7月。

とっても暑かった、8月。

そして、

まだまだ暑そう… 9月です。



どんな、
7、8、9になるでしょうか?



ご応募おまちしています!

null
     応募用QRコード


  
こよみのよぶねツイッター




ツイッターはじめました
null
カテゴリー: 告知事項
岐阜も、
連日暑い日が続いています。
みなさまお元気でしょうか?
冷たいものの食べ過ぎ、
飲み過ぎにはご注意を〜

さて、
こよみのよぶねも、
ツイッターはじめました。

すこしでも涼しくなればと思い、
ひんやり、かき氷風です。

チリリーン。


http://twitter.com/koyominoyobune

「こよみのよぶね」ツイッターでは、
主に活動予定などの更新情報を「つぶやき」ますので、
ぜひ、フォローしてくださいね。



直前ですが
null
こよみのよぶね本番の日まであと数時間。
トップページにチラシをアップしました。
今更ですが、22日いらっしゃる方でチラシをお持ちでない方は
ぜひご覧になって下さい。

明日は嵐が来ない限り、こよみのよぶねを開催します。
雨でもやります!とにかく長良川に見に来て下さいね。


HOME


サイト更新しました
null
カテゴリー: 告知事項
トップページにカウントダウンをつけました。

よぶねのページに「こよみのよぶねのこころ」をアップしました。




トップページ更新しました。
null
カテゴリー: 告知事項
トップページに協賛企業のバナーを貼りました。

11月のワークショップ予定を更新しました。
11月14日(土)は郡上八幡の願蓮寺にてワークショップを行います。
詳しくはHOMEからご覧下さい。









大事な事をおしらせします
null
カテゴリー: 告知事項
とても大事な事を書き忘れていました。。



4月下旬から柳ヶ瀬造船所にて作っていた「120」の行灯なんですが
じつは今度の土曜日に岐阜市の市制120周年記念のプレイベントとして
長良川に流します。
今回のイベントは昼間のよぶねです。
長良川と金華山と青い空、そして120の行灯
どんな感じになるのかわくわくします。
気になるのはお天気の事だけですが。。。。。

この日はいろいろな偶然が重なり、
岐阜市のイベントではあるのですが
一般の方の本物の結婚式も行われます。
岐阜市の120周年とこよみのよぶねの宣伝も兼ねて
ちょっと賑やかに、人前式を行います。
朝、モーニングの帰りなどにでも、ちょっと見にいらっしゃいませんか?


        記


209年6月13日(土) 10:15出航

10:45 人前式セレモニー

会場:プロムナード沿い 鵜匠の家すぎ山旅館前 
 

車は鵜飼広場に駐車スペースがあります。
沢山スペースありますが、満車の場合はご了承下さい。


晴天・くもり・少雨:決行
大雨・増水:中止

主催:こよみのよぶね実行委員会 プレイベント部会


※タイムスケジュールですが朝10時15分くらいには
舟に行灯をのせた状態が見られると思います。





【11の満月】11月15日 土曜日
null
カテゴリー: 告知事項
満月の日の特別イベント開催いたします。

「全国伝統工芸品大会 ぎふ」が、メモリアルセンターにて、
13日〜16日の4日間、開催されている催しに参加いたします。

こよみのよぶねは、15日土曜日の一日のみ、出張ワークショップをこの会場で開きます。

10時から16時くらいまで

※スタッフで来れる方は、来てください。


●15日雨が降った場合、中止、16日に順延。
  雨降り:「こよみのよぶね造船所」で通常ワークショップ。

●16日日曜日は、「こよみのよぶね造船所」でワークショップ。



※告知!【10の満月】10月船流します!
null
カテゴリー: 告知事項
null


 「10月船プレ」                 【10の満月】

 日付 10月15日 水曜日
 時間 準備 /13時半より(鵜飼事務所前集合)
     観覧/18時より20時45分ころまで

 場所 長良川右岸プロムナードにて
     

 今年みんなで作った「10月船」が長良川に流れます。
 10月の満月の日に、鵜飼を楽しみながら、
 流れるこよみのよぶねも楽しむ。
 なんて贅沢な一日です。

 是非みなさん、見に来てください。

 ★設営班も募集しております!設営班は13時半に長良橋下、
   鵜飼乗船所集合★

 



【photo by Kodera Katsuhiko】
  


つながるアート2007〜若手3アーティストの企画展「私の立ち居地」
null
カテゴリー: 告知事項
つながるアート2007〜若手3アーティストの企画展「私の立ち居地」

■開催日時 2007年12月1日〜12月23日(12/1午後3時からオープニングイベントあり)
      10:00〜17:00(月曜休館)

■場  所 てつめいギャラリー

■企画ディレクター 佐部利典彦

「てつめいギャラリー〜十六アートバンク」の活動は、2006年、使われなくなった
銀行の、歴史的な建物と出逢い、岐阜の地からアートを発信し、様々なかたちでアート
をきっかけとし、多くのとつながりたいとの思いで始まりました。
 昨年は、日比野克彦氏が、室内を舞台に見立てた展示を行い、奥村晃史氏は、会議室
を使用し、私、佐部利典彦は、金庫を使用し、展示を行いました。「場」を意識した展
示となりました。
 2007年は、岐阜とも関わりのある若手作家の三人展を企画しました。
 岩田とも子は、地球を相手にアートを仕組んでいきます。自分のすごしている時間や
、場所を再確認するかのごとく、時には、密やかに、制作、パフォーマンスを行い、時
には、大胆に人前で披露する。地球を相手にすればするだけ、その道具や、それを使っ
た観測が必要となります。
 神保乃里子は、登場するモティーフが、どこからどこへ移動するのか、静かにあても
なく移動しているように感じさせられ、人やものの行く末を考えさせられます。黒い闇
の深みに時間をも移動しているかのように感じさせられます。。
 山川淳生は、非常に繊細で、パソコンの画面の中なのか、リアルな現実の中なのか、
若い作家自身の戸惑いや、不安、期待感などを素直に表現しています。自分の中で蓄積
してきたものが、増殖し、リアルとバーチャルを行ったり来たりしながら、表現となる
ようです。
 超私的で、壊れそうな繊細さをもちながら、あやうい存在感を確認しつつ、制作して
いく視点に共通点を見出し、今回の企画「私の立ち居地」としました。

若手3アーティストの企画展「私の立ち居地」展 作家紹介

■神保 乃里子(ジンボ ノリコ)
プロフィール
☆1978 愛知県生まれ
☆1998 名古屋造形芸術短期大学卒業
☆2006 写真表現大学 作品制作コース卒業
☆2006 写真新世紀 2006 佳作 受賞(日比野克彦選)
☆2006 写真新世紀 2006 東京展
☆2006 こよみのよぶね 第一回 参加
☆2007 写真表現大学 研究ゼミ1卒業
☆2007 写真新世紀 2006 名古屋展
☆2007 写真表現大学 研究ゼミ2 受講

<コメント>
 車は機械だ。人がその意思により操作し目的地へと進んで行く。
 けれど、その意思とは関係なく、まして機械でもなく、車自身が意思を持ち動いてい
るように感じる瞬間がある。
 ヘッドライトで光を交わしながらたんたんと、眈々と。

■岩田とも子( イワタ トモコ)
プロフィール
1983年6月3日 神奈川県生まれ
2003年「群馬青年ビエンナーレ'03」(群馬近代美術館/群馬)
2004年「ピクニック展」(東京芸大上野校地/東京)
2004年「ARTISTS BY ARTISTS CAFE´」(六本木アカデミーヒルズ/東京)
2005年「IMA selectiom Vol.1『表現の水際 2005』」(旧関東財務局/神奈川)
2006年「『Project the Projectors 2006』東京芸大先端芸術表現科卒業制作展」(旧関東財務局/神奈川)
2006年「東京−サン・フランシスコアートフェスティバル'06 東京展」 (国営昭和記念公園みどりの文化ゾーン/東京)
2006年「atlas 展」(東京芸術大学取手校地/茨城)
2006年「東京−サン・フランシスコアートフェスティバル'06 サンフランシスコ展」(the Lab/カルフォルニア)
2006年「TORIDE COLLECTION 2006 冬」(とりでアートギャラリーきらり/茨城)
2007年「映像の身体、身体の映像 #3 ひかりのお化けと目玉焼き」(PA/F SPACE/東京)
2007年「都市との対話展 横浜展」(BankART Studio NYK/神奈川)
2007年「都市との対話展 神戸展」(神戸アートビレッジセンター/兵庫)
ホームページ:http://www.gurugurumawaruhachi.net/

<コメント>
地球が太陽を、太陽が銀河系をまわっているなんていわれても、では一体私はどこにい
るのかと言いたくなる。“ただ地面に立っている”のは事実、自分でつくった装置を手
段とし時に太陽や月を操作し、時に地面の下からエネルギーを引き寄せて軌道をつくる
。宇宙のなかで好きなように軌道をつくりだし移動していく地球運転係。時空に対する
マーキングを試みている。
 さて、岐阜ではどんな軌道を残すことができるだろう。

■山川淳生(ヤマカワ アツキ)
プロフィール
1988年 岐阜県生まれ
2006年 多摩美術大学芸術学科入学
ホームページ:http://plaza.rakuten.co.jp/lunaticgarden/

<コメント>
 絵に関しては絵であり線であり色であると、それ以上の事は求めません。
 難しい比喩表現やこじつけは、想像の枯れない限り十分可能でしょう。しかし僕は、
絵を見た時に何らかの思想や皮肉やユーモアのたぐいを懐に携えなければ理解出来ない
絵にしたいなどと思っている訳ではありません。難しいセンスの話を点在する各所に痕
跡を残すことで構成されるような芸術はよりは、ただ描きたいから描いた、自分の好き
なものだけを描いた、こういうデザインが良いと思って描いた、授業中の暇つぶしに描
いたものだから、というような理由によるものであり1箇所そこにある絵だけで全てで
ありたいなどと思います。


過去の記事一覧へ


Backspacer.gif(49 byte)Top
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null
null

null
null
:
:

null
null
null
null